トレーニング

191222チーム練習会

147TSS
2047kcal

三増周回3周。

3班に分かれ、後発隊はマッチョ、なるる、裏番長、私の4名でスタート。

現在の練習量が大幅に少ない私は、この練習で出し切っておくことが目標。

登りと平坦でなるべく負荷をかける。勿論、本来のレースでは逆に負荷をかけない走りを心がけた方が良い。

 

最終の3周目でアタック解禁され、なるるが嫌なところでペースアップする、楽しい走りを見せてくれて面白い。

前日ハードな練習をこなしたマッチョは遅れ、裏番長は個人TTモードに切り替えて、最後はなるると私のスプリント。

ギリギリまで前で牽き続け、そのままスプリントに入る。

先着出来るかと思ったけど、最後はなるるに捲くられ、負けた!いい走りだった。

 

レース本番だと相手との協調のバランスはとった方が良い。例えば本場のレースで違うチームの二人逃げの場合、途中まで協調して逃げ、逃げ切りが確定してから最後の勝負の前に握手して宣戦布告する場合もある。空気を読む力が重要。

それは考えながら場数をこなし、身につくものだと思う。ロードレースの面白さの一端だ。

 

ロードレースは競技中に色々と考える時間があるので性格や考えが走りや成長に色濃く出るなあ、と思った。

-トレーニング

Copyright© 超合金オンライン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.